SBI FXトレードで資産運用

SBI FXトレードでの取引のコツや口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、通貨ペア、特典、チャート、デモトレード、為替情報、口座開設の流れや、嬉しい情報を紹介。

SBI FXトレードで初心者でも簡単、資産運用

SBI FXトレードなら初めての人でも扱いやすいチャートとアプリで簡単取引。米ドル/円のスプレッドは原則固定0.27ポイントで取引が可能。レバレッジは25倍までのお取引ができる。どこよりも狭いスプレッドで経験のない人にもオススメ!


SBI FXトレードでの取引のコツや口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、通貨ペア、特典、チャート、デモトレード、為替情報、口座開設の流れや、嬉しい情報を紹介。

SBI FXトレード詳細

■口座名正式名称

SBI FXトレード


■トレード方法

インターネットブラウザ及びアプリケーション


■ご契約する対象者

満18歳以上で、ご本人に安定持続収入のある人や資産のある方、バイト・派遣・パートや学生の方、また自身の両親に毎月定期的な収入がある人。


■取引通貨

USD/JPY (米ドル/円)
EUR/JPY (ユーロ/円)
GBP/JPY (ポンド/円)
AUD/JPY (豪ドル/円)
NZD/JPY (NZドル/円)
CAD/JPY (カナダドル/円)
CHF/JPY (スイスフラン/円)
ZAR/JPY (南アフリカランド/円)
CNH/JPY (スイスフラン/円)
EUR/USD (ユーロ/米ドル)
GBP/USD (ポンド/米ドル)
AUD/USD (豪ドル/米ドル)


■主要スプレッド

USD/JPY(米ドル/円)
0.27ポイント

EUR/JPY(ユーロ/円)
0.69ポイント

GBP/JPY(英ポンド/円)
1.19ポイント

AUD/JPY(豪ドル/円)
0.77ポイント

NZD/JPY(NZドル/円)
1.79ポイント


■お取引時間

【夏時間】日本時間:月曜日AM7:00〜土曜日AM5:30
【冬時間】日本時間:月曜日AM7:00〜土曜日AM6:30


■メンテナンス時間

【夏時間】日本時間:月曜日AM6:30〜AM7:00
          火曜日〜土曜日AM5:30〜AM6:00

【冬時間】日本時間:月曜日〜土曜日AM6:30〜AM7:00

※メンテナンス時間中は取引画面にログインできません。
※メンテナンス時間中はレート配信を中止しているため、注文は約定しません。


■最低単位

各1通貨単位〜可能


■発注上限

原則として1回における注文上限は新規、決済ともに1000万通貨単位までとなるほか、一度の注文における決済対象建玉件数の上限は500件になります。
※ロスカット及び強制決済に関してはこの限りではありません。


■スワップポイント

期間固定レートにて毎日発生。
異なる通貨のうち、高金利通貨を買い持ちした時には、もう一方の通貨との金利差を受取る(利益)ことになり、売り持ちした場合には金利差を支払う(損失)ことになります。

建玉を保有し、ニューヨーク時間のクローズをになると、スワップポイントが発生いたします。
現金として授受できるのは翌営業日ニューヨーク時間のクローズ後となります。
※国内外の祝祭日の影響により、ニューヨーククローズ時点でポジションを保持していてもロールオーバーが行われないため、スワップ金利が発生しない営業日があります。

注)スワップ金利や取引証拠金は為替相場の変動により変わる場合がありますので、最新情報につきましては、SBI FXトレードホームページをご覧ください。


■ロスカット水準

証拠金維持率が50%以下となった時


■入金と出金

・即時入金サービスは24時間いつでも入金可能。

・普通入金は、入金日から概ね翌営業日以内にお客様の口座に反映します。

・出金は出金依頼後、概ね翌営業日以内にお客様の口座にお振り込みいたします。

・クイック入金の入金手数料は、SBI FXトレードで負担いたします。

・通常入金の振込み手数料はお客様のお支払いになります。

・出金時の振込み手数料は、SBI FXトレードで負担いたします。


■その他

FX取引とは、原資や得利が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨ペアにて、相場の動きによる価格変動やスワップポイントの変化により、マイナスが発生する場合があります。

レバレッジ効果では、貴方がご入金になった元金以上のトレードが可能となりますが、元金以上の損失が発生するおそれもあります。個人のお客様のトレードに必要な原資は、各通貨のレートにより確定され、お取引額の4%相当となります。

元金の25倍までのトレードが可能です。(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引ができます。)

SBI FXトレードは法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること等から、どのような場合でも必ずお客様から預かった原資が全額返還されることを約束するものではありません。

ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で収まるというものではありません。通常、あらかじめ約定した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から強制的な決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失額はロスカット水準より大きくなる可能性が考えられます。また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様よりお預かりした原資以上の損失の額が生じることがあります。

トレードの開始にあたり、SBI FXトレードの契約締結前交付書面をよくお読みの上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の決断にてトレードしていただくようお願いいたします。


■会社概要
 
SBI FXトレード株式会社 (SBI FXTRADE Co.,Ltd.)

◆ホームページアドレス
https://www.sbifxt.co.jp/

◆現住所
東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー

◆金融商品取引業者登録番号
関東財務局長(金商)第2635号


◆加入している協会
一般社団法人 金融先物取引業協会(会員番号 1588)

 

 

 

為替で負けないコツは、レバレッジの倍率を抑えて気長な運用。

.

あなたはどのような時に売買を行っていますか?為替取引で損をする人の多くは、投資の時期を誤っています。
FXで必要なものは、長い上昇トレンド、または下降トレンドから予想することです。一度移ったトレンドは最短でも4年、長くても8年は持続していくとFXをする人の間では言われています。
もうさすがに高値圏だろうと予想した地点は、まだまだ上昇の途中であることがたいていなのです。
なので、ドル/円の上昇トレンド中に円を買うのはできるだけ避けた方が良いのです。

しかし、一方的に値動きするだけがFXではありません。10円ほど上昇し続けてきた通貨は絶対といって良いほどどこかで調整という急落があり、50%ほどは値を戻します。
このところでいうと、2012年の終わり頃に80円台から上がり続けたドル/円は、2013年5月に103円をつけた後、翌月には93円まで戻しており、翌月からまた上昇トレンドに戻っています。
その後、しばらく上がり続け、2014年の9月に110円を達成してすぐに105円台まで値を下げてから120円まであっという間に急上昇しました。

最高値または最安値塗替えを続けている中で、調整はあっという間に始まります。そして、調整に入ると様々いるエコノミストや経済アナリストなどはトレンドが変わったと発信します。誤った情報に錯綜し、「ドルが急騰しているから、ドルを購入しよう」と決めて通貨投資を始めたはずなのに、何故かドルを売って大きなマイナスに悩まされるなんてことはよくあることです。

特に初心者の時は、必ずといっていいほどこの調整で損切りを余儀なくされ、損失を出してしまいます。だから、高値圏の時はデモトレードで為替の動きに慣れるか、レバレッジをなるべく低くして取引投資を行った方が得策でしょう。

レバレッジの管理はFX投資で最も大切なことです。高値更新中から500pipsの調整があった時、10倍以上のレバレッジをかけていると、ロスカットになってしまう可能性があります。しばらくして、せっかく高値更新があったとしても、その時にをしていてはどうしようもありません。
投資の上手い人は、この時に高値で買ってしまったとしても、レバレッジを抑え、下がりきった所で追加購入することで、値が戻って更に高値更新を続けた時に途方も無い資産を手にするのです。